たまご肌にはやっぱり玉子?

ダイエット


コラーゲンと聞くと、お肌がぷるぷるになりそうですよね。

「このすっぽんコラーゲンたっぷり~!!」なんて言いながらお鍋を食べて、「翌朝お肌がぷるぷるになった!」という実感があった方もいらっしゃるのでは。

でも、一方で、「コラーゲンは単なるタンパク質。

コラーゲンとして吸収されるわけではないから、摂取しても意味がない」なんて冷めた意見も聞きますよね。

そもそもコラーゲンは、人間の皮膚や軟骨などにもともと存在するものです。

そして、鶏の手羽先やフカヒレ、魚の皮などにも含まれます。

口から摂取されたコラーゲンは一度アミノ酸に分解され、全身へと運ばれます。

そしてもう一度、皮膚や関節などで、コラーゲンを生み出す材料になります。

そのため、ちょっと前の研究では、「コラーゲンも他のタンパク質も、アミノ酸に分解されるのだから、どちらを摂っても変わりはない」と言われていました。

しかし、最新の研究でわかってきたのが、コラーゲンは、アミノ酸という形だけでなく、「コラーゲンペプチド」という形でも吸収されるという結果です。

この「コラーゲンペプチド」は、コラーゲン不足の場所があると、コラーゲンを作るよう指令を出す役割が報告されています。

この「指令を出す役割」は「コラーゲンペプチド」にしか発見されておらず、他のタンパク質を摂取した場合では報告されていません。

ということは、お肌がコラーゲン不足に陥ったら、「コラーゲンペプチド」は、コラーゲンを作るよう指令を出してくれるのかもしれません。

そしてさらに最新の研究では、「コラーゲンペプチド」は、お肌の水分量を増加させるということがわかってきたそうです。

やっぱりコラーゲンってお肌にいいんだ!

ただ、冒頭で言った、「すっぽんを食べると翌日お肌がぷるぷるになる」というのは、このメカニズムから推測すると少し考えにくい話で、おそらく思い込みが混じっているようです。

ただ、コラーゲンを摂取する上で、注意しておきたいことがあります。それは、コラーゲンの摂りすぎです。

コラーゲンを摂れば摂るほどきれいになれると思って、ドリンクを大量に飲んだり、手羽先をいっぱい食べたりするのは危険です。

手羽先をいっぱい食べれば、手羽先の脂質で単純に太ります。

さらに怖いのは、コラーゲンが分解されたアミノ酸があまりに多いと、アミノ酸は脂肪に変わり、セルライトの原因になります。

もっと怖いのは、コラーゲンはタンパク質なので、タンパク質の過剰摂取は腎疾患を招きます。これを続けると、待ち受けているのは辛い人工透析です。

そのため、コラーゲンは、適切な量を、食べ物よりはサプリメントで摂るのがオススメです。

やっぱりコラーゲンはお肌に良かったんですね!
でも皆さん、すっぽんや手羽先の食べすぎはやめましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました